学校ストーブの種類

学校のストーブの情報

冬の学校に最適なストーブ

冬場の学校には、ストーブがつきものです。昭和初期、あるいはそれ以前に建設された施設は、どうしても隙間風が建物に入りやすいです。冬場の風は非常に冷たく、子供たちの体温を奪います。暖房器具がありませんと、風邪やインフルエンザのリスクが拡大します。豊富な資金がある学校であれば、エアコンを設置するのが最適かもしれません。しかし、地方の施設だと潤沢に予算がありませんので、ストーブといった比較的安価な製品の方が適当です。灯油で稼働しますので、万が一停電などで電気供給がストップしても、暖房器具として使えますので、災害時の備えとしてもオススメです。

学校のストーブについて

学校ではさまざまな暖房機が使われています。建築された年代や地域によっても異なりますのでその違いが話の種になることも多いものです。最も一般的にみられるのが石油ストーブです。最近は効率がよく安全なFF式が主流で、煙突のあるポット式は減少傾向にあるようです。産炭地の近くでは石炭やコークスを利用したものも見られました。電気ヒーターを各教室に設置して職員室で一括管理できるような近代的なシステムも増えてきています。北海道に多く見られる暖房方法として集中スチーム方式もあります。これは大型のボイラーで作った蒸気を各教室のラジエーターに循環させる方式です。また、温暖な地域ではそもそもストーブ自体が設置されていない場合もあります。それぞれの出身学校の暖房事情を交流するのも面白いかもしれません。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校と焼却炉について. All rights reserved.